本文へ移動

里親支援機関

里親支機関からのお知らせです

いっしょの時間に、愛は育つ。

子どもが成長するとき
毎日たくさんのことを覚えていきます。
でも、愛は、いつ覚えるのでしょうか。
私たちは思います。
子どもは親に愛されることで
人を愛することを覚えるのかもしれない、と。
今、さまざまな理由で
親元を離れて暮らす子どもたちがいます。
そんな子どもに寄りそって
愛を育んでくれる方を募っています。

どんな縁も、やがて絆になる。

さとおや制度とは?

さとおや制度は児童福祉法にもとづいて、
家庭で生活を送ることができない子どもの養育を支援する制度です。フォスターホームとは、そんな子どもを迎え入れてくれる
養育里親家庭のこと。
あたたかい家庭の愛情の中で子どもを育む大切な役割を担っています。

知らないだけで、身近なことだった。

子どもの現状とさとおや

 さまざまな家庭の事情により、
養護されている子どもたちは全国で約45,000人にものぼります。
 私たちが暮らす佐賀県でも約300人の子どもが親元を離れて暮らしています。
 「さとおや」とはそんな子どもを一定期間、家庭に迎え入れ、愛情を注ぎながら育てていただく方のことです。

子どもの想いとわたしの想い、どちらも大切だから。

さとおやの種類

さとおや=養子縁組というわけではありません。
さとおやには、さまざまな種類があります。

・養育さとおや
子どもを一定期間、家庭に迎え入れ て育てていただける方

・養子縁組さとおや
養子縁組によって、子どもを養子として育てていただける方

・専門さとおや
虐待や障がいなど専門的な援助を必要とする子どもを育てていただける方

・親族さとおや
実親が養育できない場合に、親族で育てていただける方

子育てをしたいという想いを、支えてくれる人がいる。

さとおやの期間

数ヶ月~数年間まで、さまざまです。
※数日~数ヶ月間の短期里親もあります。

里親の子育てを支援

■養育面でのサポート
児童相談所や里親支援専門相談員などが子育てをサポートします。
また、里親さん同士で情報交換や相談などができる「里親会」というコミュニティーもあります。

■経済面でのサポート
里親には子どもの養育費(生活費、学校教育費、医療費等)が支給されます。

一歩ずつ、親になりたい。

里親になるまで

1.まずは洗心寮にお問い合わせください。
  里親制度について詳しくご紹介します。
         ▼
2.児童相談所へ申し込み
         ▼
3.児童相談所の職員などによる家庭訪問
  それぞれのご家庭の状況などを確認します。
         ▼
4.研修を受講
 ・子どもの養育を理解するための講義
 ・児童養護施設・乳児院の実習
         ▼
5.社会福祉協議会の審議を経て、
 佐賀県知事からさとおやとして認定・登録
         ▼
6.子どもとの交流(面会・外出・外泊)
         ▼
7.さとおやとして子どもとの暮らしが始まります。
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0942-92-2818
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
TOPへ戻る